売却までにやっておくべきこと

中古カメラを売るぞ!
そう決めたらやっておくことがあります。

◎カメラを掃除しよう
◎売り先を比較して決める
◎売却方法を考える

まずやるべきことは、「カメラの掃除」です。
今までずっと使ってたカメラなら比較的綺麗かもしれませんが、ちょっと放置気味だったカメラならホコリを被ってることでしょう。たまには電源入れてきちんとシャッター切れるか確認します。

古いカメラだと不具合が発生してることもある

こればっかりは仕方ありません。古いということで故障したのかもしれませんし、放置してたことで壊れたのかもしれません。余計なメンテはしないに限ります。

ましてや素人がネットで見た情報だけで分解すると危険すぎますね。
元に戻せないなんてことになったら価値が大幅ダウンです・・・

古いカメラは売り先選びに注意です

フィルムカメラなど古いカメラって価値を判断するのが難しいんです。だから売り先を相当慎重に探す必要があって、これを怠っちゃうと売値が相当安くなることがあるんです。

古いカメラについては特にその傾向が強いためジャンク品だからといって諦めて捨てちゃったりしないで、古いカメラの買取に強い店へアプローチしましょう。

どんだけ古くても売れるかも!?

カメラって中途半端に古い機種は売れません。
たとえば、10年前のカメラとかって価値が付かないことが多いんです。よほどの限定モデルとか人気が抜群にあったカメラなんかは売れます。あと、10年前に数十万円したカメラとかレンズなら今でも問題なく売れます。でも、数万円で販売されたデジタル一眼レフなんかは本当に値段がつかなくなってます。

逆に、50年前のカメラなんかは価値が残ってます。
その時代のカメラで有名なのはライカですね~!
ライカのM型はホントに人気あるため、どんだけ古くてボロボロでも売ることできます。とはいえ、スゴク高額になることはないです。せいぜい数万円~10万円くらいです。

でも、売り先を間違えちゃうと価値0円なんて判断されることもあり得ます。
だから古いカメラを売るときは注意が必要なんです。

古いのに高く売れる店の傾向は専門店。
しかも、マイナーな店のほうが高く売れる傾向にあります。

てっきり有名な店のほうが高いと思っていましたが実はそうでもないんです。
それは古いカメラの買取利用というサイトで知ったことです。

実際に古いカメラの売却するときに比較してみたら面白いようにこちらのサイトのとおりになりました。危うく数万円も損するとこでした・・・。

きっと知らずに売っちゃってる人も多いんだろうと思います。